top

イラク旅行のおすすめスポット


画像参照:Raquel Baranow

イラク旅行をする人にとって中心的都市となるのがバクダードです。バクダードはイラクの首都。同国最大の都市は米国が撤退してからはやっと平静を保つ都市となってきているようです。しかし2014年のイスラム国の存在で
またしても私たちの心に不安なイメージを残したかもしれません。
このように日々変化するイラク情勢に関しては常に日本の外務省がホームページでさまざまな渡航情報を出してくれていますので、チェックしてみますと参考になります。

イラクに実際足を運ぶと、実に様々な歴史の足跡、戦争の足跡などが残されており非常に興味深いものが多いのです。
例えば、アル・ラシードホテルの入り口には湾岸戦争当時のアメリカのブッシュ大統領の顔のモザイクが踏み絵として作られており、今現在もその踏み絵は機能しているなど、なかなか他国では見られない風景というものを垣間見ることができます。またバクダードからバスで一時間ぐらい移動しますと、驚くほどの遺跡に遭遇することになります。

三世紀ごろのレンガで造られた宮殿の跡などはそこら中に点在しており、遺跡を見て歩く旅行としてもかなり興味深い街並みです。またバビロンの空中庭園など、他では絶対みられないような遺跡も残っているのです。
バビル二世といえば旧約聖書に登場する「バベルの塔」でも有名な存在で、綺麗に整備された遺跡公園が多数残されています。バビロン遺跡は復元された状態ではありますがこの遺跡を見ずにしてイラク旅行は語れないといっても過言ではないほど
外せない観光スポットとなります。
バビロン市街地の遺跡には古代アスファルトの道の遺跡があったり、人を押さえつけるライオン像があったりと、とにかく日本とはスケールの異なる歴史を直接目の当たりにし、2000年以上も前からこの地が世界の文化の中心であったと言う事実は非常に感慨深いものがあります。

このエリアは食事も独特のものがたくさんあり試してみたくなるものが多いのが特徴です。世界遺産をしっかりと目に焼き付けたいということであれば絶対お勧めとなるのがイラク旅行ということができます。これまではさまざまな理由からなかなか簡単に渡航できるエリアではありませんでしたが落ち着きをとりもどしつつある今、日々変化するイラク情勢をチェックしつつ、安全な旅行にしていただきたいと思います。とくに世界遺産、2000年近く前の文化をしっかり心に刻みたい方には絶好の旅行先といえそうです。

人気の海外旅行先

ハワイ ホテル | シンガポール ホテル |グアム ホテル